Columnスタジオミルクコラム

オーディション情報や自撮りする場合のテクニックなど、写真とヘアメイクにまつわる情報を配信!

採用率UP!就活にオススメの髪型<男性編>

このコラムでは就活にオススメの髪型をご紹介します。

就活の男性の髪型は、OKとNGがわかりにくいですよね。短い時間で自分をアピールする就活では、特に第一印象が大切です。

面接官が1番見ているポイントは外見

 

「外見は内面の1番外側」と言われています。

ここでの「外見」というのは、清潔感があるか、身だしなみのマナーが守られているか、といった意味での「外見」です。

髪がぼさぼさであったり、シャツにシミやシワがあったりしたら、それだけで印象はマイナスになります。

社会人として働く準備ができていると判断されることが大切です。

 

就活中の男性の髪形のポイント3つ

就活中の男性におすすめの髪型では、次の3つのポイントをおさえておきましょう。

 

おでこと耳周りを出す

清潔感を与えるのは、耳やおでこを出した髪型と言われています。

耳周りがすっきりしていると、顔の輪郭がはっきり見え、表情が伝わりやすいです。

また、おでこを出すと快活な印象を与えます。 

きちんとセットされていると「社会人として働くための準備ができている」、「真面目に就職したいと思っている」など、好印象を与えることができます。

 

ナチュラルな黒髪で

就活中はカラーリングした派手な髪色はふさわしくありません。あまりに明るい場合は元に戻しましょう。

志望業界にもよりますが、派手な髪色は社会人としてはふさわしくないと判断されます。クリエイティブ業界や、職種・立場によっては、入社後に明るい髪色でも問題ない場合もありますが、就活中は黒髪が基本です。

 

スタイリング剤は清潔感を出すために使う

就活中の場合は、清潔感をアピールするために、ワックスも控えめに使用しましょう。ジェルやワックスを使いすぎると、ベットリとして清潔感がないように見えます。目やおでこに髪がかっていない清潔感のある髪型にセットする目的で使いましょう。

 

おすすめの就活メンズヘアスタイル

 

男性の場合、清潔感を伝えるためには髪を短くカットするのがオススメです。

その際、目安となるのは「相手に自分の顔がよく見えるかどうか」。相手に表情が伝わりやすく清潔感のある髪型にするのが大切です。

 

ナチュラルショート

何もいじらない、そのままの髪型です。ナチュラルショートであれば特に言及されることも少ないので、一番おすすめな髪型と言えます。

アップバングショート

前髪を上げ、おでこを出す髪型です。おでこを出すことによって、面接官に自信があるという印象や、爽やかな印象を与えることができ、スーツとの相性も良いとされています。

 

ツーブロック

就活生でもツーブロックにすること自体はNGではないです。ただ、いくつか条件があります。

・清潔感を出す

・やりすぎない

・ワックスをつけすぎない

以上の3つを気をつければ、ビジネスシーンでもツーブロックの髪型自体が嫌われることはないでしょう。

 

このコラムでは、採用率UP!就活にオススメの髪型<男性編>をご紹介しました。

  1. 身だしなみは人柄を表す
  2. 好印象を与える髪型のポイント
  3. おしゃれさよりも清潔感のある髪型

 

いかがでしたか?

就活では身だしなみ、特に髪型は面接官に与える印象が大きく変わる大切なポイントです。髪型はキチンと整え、面接官に爽やさや誠実さをしっかりとアピールしていきましょう!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事