Columnスタジオミルクコラム

オーディション情報や自撮りする場合のテクニックなど、写真とヘアメイクにまつわる情報を配信!

オーディションで『合格』を引き寄せるオススメの髪型 <声優・俳優・タレント編>

髪型は、メイクやファッション以上に、人の印象を大きく左右します。
第一印象が合格の行方を大きく左右するとも言われるオーディション。
どんな髪型をしていけばいいのか悩む方も多いのではないでしょうか?

今回のコラムでは、オーディションに最適な髪型について紹介していきます!

 

オーディション合格を引き寄せる髪型3つの秘訣とは?
  1. テーマやジャンルを意識する
  2. 自分を魅せる髪型を知る
  3. アレンジしすぎない

 

1.テーマやジャンルを意識する

オーディションは、声優や俳優・タレントといったジャンルの他、かわいい系・清楚系・クール系・元気系のようなテーマがあることがほとんどです。

それぞれのオーディションでテーマが違うので、髪型を含めて、テーマに沿ったコーディネートを考えましょう。

たとえば、演技が必要なオーディションでは、表情がはっきり見える髪型が適しています。長すぎる前髪やボリュームがあって表情がわかりにくい髪型だと、オーディションの内容を把握していないと判断される可能性があります。

一般的にはあまり派手な髪型は好まれませんが、例えば、アクティブな人物像が求められているオーディションなら、オーソドックスなまとめ髪は避けて、髪型に少し個性を出しても良いでしょう。

 

2.自分を魅せる髪型を知る

オーディションの目的や求められるキャラクターに合わせると言っても、自分らしさは大切に。どんなテーマであっても、基本は自分に似合う髪型を選ぶこと。

個性のあるキャラクターが求められるような特別なオーディションでない限り、奇抜なカットや派手な髪色は避けてください。
髪の長さは肩よりも少し長いミディアムかロングがおすすめです。この長さはヘアアレンジしやすいのがメリット。ヘアアレンジはバリエーションが豊富なので、自分にあったイメージを演出しやすく、合格した後の役作りにも応用がききます。とはいえ、ショートがNGではありませんので、自分に似合う髪の長さ、アレンジしやすい髪の長さにしましょう。

髪型や髪色で悩んだときは、知り合いや美容師さんにぜひ相談を。
自分で簡単にできるヘアセットやヘアアレンジも教えてもらいましょう。

また、学生の場合は学校の先生にも相談を。

特に髪色は学則に違反するケースもありますから、学生らしく、ルールを守って、学校の先生にも応援してもらえるといいですね!

3.アレンジをしすぎない

気合いを入れて、ヘアアレンジをしすぎてしまうとマイナスポイントになりかねません。
スプレーでガチガチに髪を固めてしまうと、「髪を下ろしてください」という指示があったときに困ってしまいます。
髪を束ねる場合、頭の真上でお団子やポニーテールにするよりも、下の方で緩く結んだ方が臨機応変に対応できておすすめです。どんな指示にも応えられるようなシンプルな髪型にしましょう。

また髪を下ろす場合も束ねる場合も、表情が見えるアレンジに。前髪は眉毛がすこし見える程度で、目元にしっかり光が入るようにしましょう。

 

いかがでしたか?

 

メイクや服装と同様に、髪型も第一印象を大きく左右します。

清潔感や明るい印象を与えつつ、個性的すぎない髪型が良いでしょう。
また、パフォーマンスを邪魔しない長さが理想です。自分にあったベストな髪型で、チャンスをつかみましょう!

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事