Columnスタジオミルクコラム

オーディション情報や自撮りする場合のテクニックなど、写真とヘアメイクにまつわる情報を配信!

採用率UP!就活におすすめの服装とNG<女性編>

こんにちは!スタジオミルクです。

これから就職活動をスタートさせる方、就職活動を控えている方に採用率が上がるおすすめの服装をご紹介します!

なぜリクルートスーツを着るのかを理解しよう

 

就活といえば、リクルートスーツ。

面接会場では同じような服装、同じような髪形の学生が集まっている…という光景が見られますよね。これほどまでに普及したリクルートスーツには、それなりの意味があります。

 

すでにイメージとしてできあがっている「リクルートファッション」。

それ以外の服装を見ると「周囲に合わせることができない」と判断する面接官もいます。派手なネクタイをしていても、気にしない面接官もいれば、「公式な場で派手なネクタイを締めるなんて」と嫌悪感を示す面接官もいます。

その結果、「誰からも嫌われない、きわめて無難な服装」として生まれたのが「リクルートスーツ」です。つまり「余計なことで減点されないための服装」なのです。

みなさんの中には、「見た目で人を判断するのは間違っている」と思う人もいるでしょう。しかし、多くの就活生と面接する面接官は、初対面では見た目で判断するしかないのです。

 

「外見は内面の一番外側」とも言われています。目上の人には敬語を使うように、TPOにあわせた服装にすることも社会生活を送る上で必要になってきます。

 

 

リクルートスーツ選びのポイント

 

リクルートスーツは形や色、またパンツとスカートでも与える印象は変わります。

女性のスーツ選びは、男性よりもシビアかもしれません。希望する企業の雰囲気に合わせつつも、社会人らしくきちんと着こなすことが大切なので、しっかりと選びましょう。

 

・スーツの色

就活では誠実さや清楚さをアピールすることが目的なので、スーツの色は黒が断然おすすめです。黒なら個性を主張しすぎず、堅実でまじめな印象を与えることができ、どんな企業にも対応できます。

・スーツのサイズ

大きすぎたり小さすぎたり、体に合ってないサイズのスーツは不格好に見える場合があります。

迷った場合は店員さんなどに相談しながら自分にぴったり合うサイズを選ぶようにしましょう!

 

・ジャケットの袖丈

 

ジャケットの袖丈は、手を下ろしたときにブラウスが隠れる長さがベストです。ブラウスが見えてしまったり、逆に長すぎるのはNGです。ブラウスとのバランスを心がけつつ、手首に袖の裾がかかるくらいの長さを目安にしましょう。

 

・シャツ

白いシャツはフレッシュで清潔感のある印象を与えることができます。

 

<レギュラーシャツ>

ブラウスのボタンは全てとめるか、第一ボタンを開けるのが一般的です。

ボタンを全てとめる場合は、窮屈にならないよう首回りに余裕があるものを選びましょう。

 

<スキッパーシャツ>

スキッパーシャツ(一般的な言い方は開襟シャツ)着用時、相手に与える印象は「活発」、「明るい」などのポジティブなものになります。

襟を出すタイプのシャツなので、顔周りがスッキリとして華やかさを演出できます。

 

レギュラーシャツは、金融系や公務員などの堅めな仕事に適しています。

スキッパーシャツは、広告業界などのマスコミや商社、メーカーなどに適しています。

 

・下着/インナーの選び方

 

白いブラウスやシャツでは、インナーがかなり透けるので、クルーネックのキャミソールやタンクトップなどを選びます。色は白が基本ですが、女性の場合はベージュもおすすめです。透けたりラインが映り込みにくいものを選びましょう。

 

・ボトムス選び

近年はパンツスーツも増えています。では、スカートとパンツの与える印象の違いをみていきましょう。

 

<スカート>

誠実・清楚・フレッシュといった印象を与えやすく、どの面接官からも好印象を持たれやすいです。

形はタイトが基本ですが、体型が気になる場合は台形(セミタイト)スカートもいいでしょう。

スカートの丈は立っている時に、膝がのぞく程度の長さが最適です。

そのくらいの膝丈なら、座ったときも気にならずバランスがとりやすいでしょう。

 

<パンツ>

パンツスタイルには活動的なイメージがあるので、希望する業界・職種が活発なイメージならば、パンツスーツを選んでも良いでしょう。

しかし面接官によって印象が分かれるスタイルでもあります。書類や口頭でのアピールはよりしっかり行いましょう。

パンツの丈は、パンプスのヒールの高さに合わせましょう。立った時に裾がヒールに1cmから2cmかかる程度、座った時にくるぶしが見えない位置がベストです。

 

・パンプス

ヒールは安定感のある太めのものを選びましょう。

ヒールの高さは、3~5センチ程度が一番安定感もあり、見た目も綺麗でおすすめです。

色はスーツ、カバンと同色の黒が良いでしょう。

 

このコラムでは、採用率UP!就活にオススメの服装<女性編>をご紹介しました。

 

1.なぜリクルートスーツなのか

2.サイズ・色・長さに注意

3.希望する業種・職種に合わせたボトムス選び

 

 

いかがでしたか?

リクルートスーツ選びは社会生活を送る、第一歩。

やる気や誠実さを伝えるためには、マナーに沿った着こなしも大切です。体にあった動きやすいスーツに身を包み、明るく颯爽と活動して内定を勝ち取りましょう。

 

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事