オーディション写真で合格できるおすすめの服装とNG<女性編>

このコラムでは、オーディション写真で合格できるおすすめの服装とNGな服装についてをお伝えします。

「オーディション写真ってどんな服装で撮影したら良いの?」
「みんなはどんな服装で撮影しているの?」
「合格しやすい服装ってあるのかな?」

そんな疑問や不安がある方も多いと思います。
私たちの働くスタジオミルクにも、そんなお悩みを抱えたお客様が毎日のように来られます。

このコラムでは、年間3000人以上を撮影するスタジオミルクならではの服装選びの極意を伝授いたします。

書類審査は流行の衣装を着るだけでは通りません。

いくらあなたの内面が良くても、流行りの服を着ていてもオーディション審査が通るのとは別の話です。
オーディションの審査員はAIではなく人間ですので、印象をUPする一定のルールが存在します。

メラビアンの法則を知ろう!

心理学者のメラビアンが導き出した、「7-38-55のルール」をご存知でしょうか?

コミュニケーションは「言語情報7%」「聴覚情報38%」「視覚情報55%」の割合で影響している

見た目の印象を良くするだけで、オーディションの次の段階にコマを進められる可能性があると言うことです。

ほとんどのオーディション写真では、「全身写真」も必要になります。
これは全身写真は体のバランス(手足の長さ、等身)を審査するための写真ですが、
当然衣装も見られることになります。

体のバランスがわかりにくい服装だと体型に自信が無いと判断され、
審査の対象から外れてしまいます。

衣装によってスタイルをよく見せることができ、印象を良くすることができます。

「体のラインを活かす服装」

下の写真を見てください。衣装が違うだけでかなり印象が変わりませんか?スタイルまで違って見えます。

どのオーディション用の衣装にも共通して言えるのは、「体のラインを隠す」ではなく、「ラインを活かす」こと。

オーディションは、芸能・タレント・モデル事務所などの業界に自分の魅力を伝えるチャンスなので、
まずは自分が目指す業界別の、基本のコーディネートを知りましょう。

業界別オーディションの衣装 基本コーディネート

❶モデル

モデルのオーディションの場合は、「ショートパンツ or ミニスカート + 白やグレー、黒などの無地のTシャツ or タンクトップ」が基本です。

モデル志望の方は、当然ですがスタイル隠さない衣装を心がけましょう。

オーディションで募集される人材のほとんどは、“これから事務所が育てる”ことが前提の人材ですので、派手な衣装は避けましょう。

特に、文字や柄が入っているものは、あなた自身よりも服が目立ってしまい、あなたの印象が薄れてしまう可能性があります。

オーディションにはNG!

また、靴は足が長く見える「ハイヒール」はもちろんOKです
高さは7~10cmぐらいがおすすめです。
それ以上高いヒールは下品に見られる可能性もあるのでNGです。

左はストラップあり。右の方が足が長く見える。

ヒールはストラップがない物の方が、足の甲の部分が分断されずに一本に見え、より長く見せる効果があります!

❷タレント

タレントのオーディションの場合は、派手すぎずシンプルだけど自分らしさが出る衣装がおすすめ。

タレント事務所のオーディションを攻略するには、まずその事務所のウェブサイトを参照するのが一番の近道です。

事務所によって募集する人材が様々なのがタレント事務所の特徴です
特に売れている事務所は、所属タレントの好みがはっきりしているので、
目標の事務所に所属するタレントさんを分類するのは一つの手と言えます。

その事務所のイメージを知った上で、
あなたの大事にしている自分のイメージや見せたいイメージ、強みを活かしましょう。

自分のイメージがわからないよーって人は、
自分が以下のどのタイプに近いか見てみましょう。

  1. かわいいキャラ
  2. クールキャラ
  3. 清楚キャラ
  4. 元気キャラ

目標にする事務所に所属するタレントの服装を真似をするのも良いですが、
自分のキャラが系統分けできる方は以下を参考にしてみるのもいかがでしょうか?

・かわいいキャラのあなたは日本のアイドルの私服
・クールキャラは韓流系
・清楚キャラは赤文字系雑誌
・元気キャラは青文字系などを参考にしてみてください!

❸ダンサー

ダンサーオーディションで多い衣装はレオタードです。

肩のストラップは細めで、ハイネックなデザインよりも胸元が大きめに開いたものが良いです。
表情が明るく華やかに見えます。

一般的には白・ピンクなどが多いですが、体が引き締まって見えので黒も人気です。

白は清潔感があり、天使や妖精のようなイメージもありますピンクは可愛らしく華やかなイメージを伝えることができますが、ボディーラインに自信が無い方は断然黒がおすすめです。

というのも、写真の背景によく使用されるのは白です。
そのため、黒のレオタードには体のラインが引き締まって見える効果があります。

また、タイツとヒールの色を合わせると足が長く見えるので、おすすめです。

❹声優・女優

声優や女優のオーディションでは個性を問われます。

ただし、衣装に関しては個性を出しすぎない事をおすすめします。

個性豊かな面白い衣装を着ているからと言って採用された話は聞きません。

・スタイルを活かす衣装
・ロゴなどが無い無地の衣装
・個性的すぎない衣装

この基本を守ってオーディションに挑んでくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
まずは、応募先が求めるイメージと自分の魅力どちらもよく知って、あなたの魅力が伝わる服装をセレクトしましょう。あなたの個性が伝わり、応募先が求めるイメージと一致すれば、合格に繋がります♡
服装は、コラムだけでなく、ファッション雑誌やインスタを見て勉強するのが特におすすめです。

また、ご自身では判断に困る場合、スタジオミルクにお気軽にご相談くださいね。
あなたの夢が叶うことを応援しています!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA