Columnスタジオミルクコラム

オーディション情報や自撮りする場合のテクニックなど、写真とヘアメイクにまつわる情報を配信!

プロフィール写真で印象の良い服装とNG <男性編>

今回はビジネスで必要なプロフィール写真を撮影するときのオススメの服装を

ご紹介していきます。

ビジネス用のプロフィール写真はホームページに掲載したり、会社のパンフレットなどに使われるものです。最近ではSNSや名刺にも使う方も多くなってきています。

 

お仕事の内容だけでなくご自身をアピールする写真と思って撮影をしましょう!

 

1.スーツ

 

ビジネス用といえばスーツが一番です。ビシッと清潔感が出て、信頼感も増すのでオススメです。

サイズ感をタイトにしてみたり、ボタンの数や色、ネクタイの形や色によって雰囲気がかなり変わってきます。

2.ジャケット+パンツ(ジャケパン)

 

スーツは堅苦しすぎる、そんなにかっちりしたくないという方はジャケットとパンツのスタイル(ジャケパン)がオススメです。

ただ、派手な柄や色味のものは避けた方が無難でしょう。

すでにHPやパンフレットのデザインが決まっていて、それに合う柄や色なら良いのですが、撮影時にはデザインがまだ決まっていない方が多くいらっしゃいます。

その場合は、どんなデザインにも対応できる様なシンプルなものの方が安心です。

それに、柄も色もシンプルな方が、ご自身がより引き立ちますのでオススメです。

3.シャツスタイル

 

ジャケットは堅苦しいという方におすすめなのが、襟付きのシャツスタイルです。

何故襟付きかというと、ノーカラーのシャツでも大丈夫なのですが、ビジネスのお写真となると真面目な印象や、ピシッとした印象の方が好まれるため襟付きのシャツをお勧めします!

 

柄も総柄やドットではなく、無地の色が明るい白や水色のものをオススメします!

 

このコラムでは、プロフィール写真で印象の良い服装とNG <男性編>をご紹介しました。

 

いかがでしたか?

今回ご紹介したのは、一般的なビジネス用の写真でおすすめの男性の服装です。

お仕事でスーツを着ない方は、普段のお仕事着で撮影される方もいらっしゃいます。鍼灸師、調理師、パーソナルトレーナー、などなど業種・職種は様々ですし、写真の用途も様々です。

大切なのは、クライアントさんやスポンサーさんに、何を伝えたいかです。

「信頼感や誠実さ」「元気や明るさ」などの表現によって、それに合った服装を選びましょう。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事