Columnスタジオミルクコラム

オーディション情報や自撮りする場合のテクニックなど、写真とヘアメイクにまつわる情報を配信!

演奏家のプロフィール写真での オススメの服装とNGポイント <女性編>

なさん、こんにちは!スタジオミルクです!

 

コンサートや演奏会など、音楽業界で活躍する方は、
プロフィール写真を撮影する機会が多いと思います!

コンサートや演奏会は特別なシーンなので、普段着での撮影は避けたほうがいいですね。
とはいえ、色は??スタイルは??など、具体的にどんなファッションが好印象を与えるのかわからない…という方も思いますので、このコラムで紹介いたします!

 

基本はドレス

 

演奏会のプロフィール写真で一番多いのは、ドレスです!

色やスタイルはさまざまですが、
多くの方が、コンサートや演奏会でお召しになるドレスを着用して撮影しています。
ここが、ビジネスシーンでのプロフィール写真やオーディンションの選考写真とは大きく違う点です。

フォーマル

演奏会とはフォーマルな場です。

カジュアルな服装は避け、フォーマルなファッションを心がけましょう。
上記でも伝えたように、実際の演奏会で着るドレスを着用するのが望ましいです。
ドレスは、女性を美しく魅せるためにデザインされています。より美しく華やかな印象を与えるために、自分に似合うカラーやデザインを選ぶようにしましょう!

パーソナルカラーや演奏会の雰囲気にあわせ、自分らしいイメージを印象づけましょう。

スタイルは「ベアトップ」がおすすめ。デコルテがきれいに見えて、女性らしさを引き出されます。

 

カジュアル

場合によっては、カジュアルなドレスやワンピースで撮影する場合も。
お子様向けコンサートや地域イベントなど、カジュアルなコンサートや発表会の場合は、ドレスは堅苦しいイメージになってしまうので、ワンピースがオススメです。

 

おすすめカラーは、赤やオレンジ、濃いピンク、黄色などのはっきりとした明るい色合い。

顔色を明るくし、親しみやすい印象を与えます。

ベージュやブルーなどの薄い色は、撮影時にストロボで光を当てることで白っぽく写ってしまいます。寂しそうな印象になってしまうため、カジュアルさを印象づけたい時には不向きです。
ベージュやブルーの服装を望む場合は、色合いの濃い服をを選べば大丈夫。
写真では、肉眼で見る色よりも薄めに写ることを考慮して、少し濃い目を選びましょう!

オススメの色

 

演奏会のドレスでオススメの色はずばり赤やオレンジなど、はっきりとした明るい色です。

逆に薄い色のドレスは、ストロボの光で色が飛び、白っぽく見えるので注意してください。

オススメのスタイル

 

・大ホールでの演奏会の場合

 

正礼装に格付けされるロングドレスをオススメします!

マナーを抑えたエレガントなロングドレスで格式高い会場に合わせましょう!

・アットホーム、カジュアルな演奏会の場合

 

観客と演奏者の距離が近いアットホームな会であれば多少カジュアルダウンしてもOKです!

ただカジュアルすぎないよう、きちんと感のある華やかドレスを選びましょう。

 

まとめ

 

演奏会のドレス選びのポイントはずばりどれだけ美しく見えるかです。

非日常な感じを演出するために明るく華やかに見えるドレスを選ぶようにしましょう。

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事