Columnスタジオミルクコラム

オーディション情報や自撮りする場合のテクニックなど、写真とヘアメイクにまつわる情報を配信!

オーディションで『合格』を引き寄せるオススメの髪型 <アイドル編>  

オーディションで大事なプロフィール写真。
アイドルってどんなメイクや髪型をすれば良いの?
ナチュラルで良いの? ナチュラルってどれくらいなの?
今回はそんな疑問を解決して、自信を持って撮影に望めるようにしましょう。

とはいえ、実際にオーディションを受けた経験がない方は、具体的に何をすればいいかわからず、準備が難しい…と感じることも。
オーディションでは、メイクや服装が審査に影響すると言われますが、ヘアスタイルもとても大事なポイントになります。
「アイドル」のイメージで作るヘアスタイルと、「普段のファッション」に合わせるヘアスタイルとでは全く異なります。
では、何が違うのか?具体的にどのようにしていけば良いのか?ということをポイントを押さえながら説明します。

今回は、オーディションを受ける時のための髪型についてご紹介します。

オーディション合格を引き寄せる髪型の3つの秘訣とは?
1.髪の明るさは暗めでツヤ感重視
2.アップスタイルよりもダウンスタイル
3.前髪を作ってあどけなさを演出する

1.髪の明るさは暗めでツヤ感重視

オーディションでは髪色はなるべく暗めにして、ツヤ感が出るように日頃からケアをしていきましょう。
黒髪~こげ茶など、パッと見た時に茶髪に見えない程度がオススメです。
茶色~ベージュ、金髪などはアイドルのイメージとは少しかけ離れてしまうので避けましょう。
また、パサつきが出ないように、ストレートアイロンでくせ毛を伸ばして綺麗にまっすぐにしておくこともポイントです。
中には、ストレートパーマや縮毛矯正などでケアしている方も多いです。
アイドルは、清潔感や清楚なイメージ、可愛さが大事。そのイメージを守るように心がけましょう。
さらに「髪にツヤがあること」もとても大事なポイントです。
理想は、根元から毛先までですが、毛先が特にパサつきやすいので、毛先を中心にケアするのがオススメです。
日頃からトリートメントやヘアマスクでケアするのはもちろんのこと、美容院でトリートメントをしてもらったり、ドライヤーでの乾かし方を気をつけたり、スタイリングの際に洗い流さないトリートメントやヘアオイルで用いることも有効です。

2.アップスタイルよりもダウンスタイル

アイドルは、アップスタイルよりもダウンスタイルの方がオススメです。
ストレートヘアやワンカールの巻き髪、そしてゆる巻きの巻き下ろしなどで、、可愛く、自然な女の子らしさを演出しましょう。
シンプルなハーフアップもオススメです。
巻き髪では、あまり巻きが強いものや細かいものは、アイドルのイメージに合わないのでやめておきましょう。
アップスタイルにするならポニーテールがオススメ。一方、まとめ髪や高さがあるドレッシーなアップスタイルは避けましょう。
ポニーテールの場合、正面から見るととてもスッキリしてシンプルなので、前髪を作り、さらに後れ毛を顔まわりに出すと可愛らしい印象になります。
スタイリングはツヤ感重視。ドライワックスや逆毛を立ててふんわり具合を演出するというよりは、ツヤ感の出るタイプのスタイリング剤やツヤ出しスプレーで仕上げましょう。

3.前髪を作ってあどけなさを演出する

ワンレングスや長い前髪を横に流しておでこを出すスタイルは大人っぽくてセクシー♡
しかし、アイドルに求められるイメージは「女の子らしさ」や「可愛さ」「あどけなさ」なので、アイドルのオーディションを受ける場合は、前髪は目上ぐらいにカットした方が良いです。
その時のポイントは、少し深めの分け目で、丸くカールして横に流すのが基本!
しかし、分け目は〝似合う分け目〟のバランスがとても大事なので、鏡を見ながらバランスの良い分け目を見つけましょう。自分でわからない場合は、美容師さんやヘアメイクさんにアドバイスしてもらってくださいね。
「ぱっつん前髪でも良いの?」というご質問もよく頂きます。
似合っていれば良いですが、大抵の場合は、女の子というよりも「子どもっぽく」見られてしまう場合があるので、注意が必要です。
できれば少しカールがつけられるぐらいの余裕のある長さに切っておくのがオススメです。
また、目が隠れるぐらいの長さは、分け目が広くなるなどバランスが整えにくくなるので、美容師さんと相談して、横に流しやすい長さに整えておきましょう。
前髪は顔に一番近いパーツ。プロフィール写真を撮る際も前髪のバランスが一番重要!と言っても過言ではありません。

いかがでしたか?
オーディションにもさまざまなジャンルがあり、どの資料を参考にして良いものかわからないと思います。
スタジオミルクではヘアメイクが在駐しております。
一緒にどんなスタイルが似合うのか、どんなメイクしてオーディションに行けば良いのかなどをお伝えする「施術」や「レッスン」がありますので、お気軽にご予約ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事